夢は叶う。

夢は叶う。

そんな大それた夢ではないのでタイトルが大げさでスミマセン♪

特に20代の頃はとてもとても遊んでいた気がします。

バブルの時代だったので仕事もたくさんあって月の残業が200時間とか

遊ぶ時間なんてないはずだった。。

しかし計算上

一ヶ月は24時間×30日で720時間

そのうち仕事が1日9時間×25日+200時間(残業)で425時間。

差し引くと295時間もあるのである!(休日含めて1日あたり平均10時間弱)

寝なければ遊べるという。。全くゆとりがない年代。ゆとらないですが何か?

遊びたいから寝ないという選択なんですが、実はやっぱり寝たい!

そのうち遊びはやめないくせに「寝るのが夢」という願望が湧き上がる。ただ寝ればいいのに。。わかりますよね?

で、バブルの時代だったのでその夢の寝場所がバブリー!

ニューヨークのセントラルパークや南国のビーチ、北欧の暖炉の前。など寝るのにもお金をかけたい欲求。

WGMK6133

ニューヨークではないが2階にはウィンドゥシート!

南国ではないが屋上にハンモックが!

北欧でもないが薪ストーブが!

若い頃の夢だった寝場所が家の中のあちこちに♪

意外と夢は叶っていたなと、ふと昼寝から目覚めて思い出した。

前しか見ずに人生走ってると気がつかないようですよ?


Post Your Thoughts

Scroll Up